自己啓発助成金活動報告:バーツ荻谷優子さん



活動報告「田中紀子フラメンコ教室」受講

㈱バーツプロダクション  荻谷優子

 

田中紀子フラメンコ教室

日にち :2019年1月~9月(12月まで継続予定)

主  催:新潟日報カルチャースクール
 
活動報告
月に3回金曜日18:50~19:50まで新潟日報カルチャースクール上越教室にてレッスン。フラメンコ用シューズ、スカートを着用し、準備運動から基本的なステップ、レベル別に分かれて1曲を踊れるように先生からレッスンを受ける。

レッスンは先生の動きを見て覚える、動画撮影は禁止。レッスン時間内は頭と体をフル回転させてとにかく先生の動きをマネる。同じステップでも3拍子、4拍子で動きが違うので音をよく聞きき、リズムをつかまないとステップが踏めない。手拍子などでカウントを取りながらステップを練習する

初心者はセビジャーナスといわれるスペイン南部アンダルシア地方の都市セビージャ(=セビリア)のお祭りの時に、歌い踊られる曲を踊れるようになるのが目標。ステップ(足の動き)を覚えてから手の動きをつけるが、まだまだステップを覚えるのがやっと。

3ヶ月がワンクールで3月で終了後は7月現在まで継続してレッスン中。

6月から新しく始められた方がいて、基本2人とも同じレベルなので話し合いながらレッスンできるようになったので、楽しさが倍増。わからないことも話あって練習できるようになったのでステップを覚えるのが少し楽になった。

 

今後の取組みについて
セビジャーナスを1曲踊り切れるように。最低でも1年はレッスンに通いたい。

体幹をしっかり使えるように、トレーニングする。

フラメンコは衣装やフラメンコシューズなど本格的なものは東京に行かないと買えないのでそれらを入手するのが難しい。サイズがない場合などは特注になるので用具がそろうまで時間がかかるのが難点。上京する折を見て、少しずつそろえたい。



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。