OSHIMAX!へのご要望・お問合せは
各社広報委員まで

ハラスメント防止対策

ハラスメント防止における代表のメッセージ
《大島グループ100周年を迎えるためにあるべき姿》

~創造的でたくましい経営の実現と働きやすい職場環境を目指して~

大島グループはまもなく100周年を迎えます。1922年大島自転車商会に始まり、現在では15法人、グループ全社員800名を超える組織に成長しました。
グループ100周年を迎えるために、実現しなければならないこと、それは、
【創造的でたくましい経営の実現・会社づくり】【働きやすい職場づくり】の実現です。
【働きやすい職場づくり】に関しての取り組みの一つが、「ハラスメント防止対策」です。「ハラスメント」の問題は、取り組み方を間違えると、第一に実現しなければならない【創造的でたくましい経営の実現】に影響を与えることがあります。例えば、業務上必要な指示に対する過剰な反応や、職場のコミュニケーション不全など。その最大の原因は、共通言語を持っていないことです。
大島グループ社員・役員は、個人の能力及び組織の力として最大のパフォーマンスを上げるために、「ハラスメント問題に対する基本的な知識を共有し、共通の言語で話ができる」状態であることが大切です。そのために、研修やハラスメント防止対策の取り組みを重ねて来ました。この積み重ねが100周年を迎えるにあたって、「創造的でたくましい」「働きやすく、風通しの良い」企業集団になるよう、お互いに努力をしていきましょう。

 

大島グループ 代表
大島誠サイン

社員一人ひとりが心がけてほしいこと

自分自身の言動に気を付けましょう
・高圧的な言い方をしていないか。言葉遣いは乱暴ではないか。
・否定的、批判的、決めつけた言い方ばかりしていないか。
・意地悪な、皮肉っぽい話し方をしていないか。
・気に入らない人を避けたり、仲間外れにしていないか。

ハラスメントになるような言動を見かけたら
・行為者に注意する。された人に声をかける、相談に乗る。
・相談窓口に相談するなどの、アクションを起こす。
・傍観者でいることは、行為者の行為を正当化し、組織全体のコミュニケーションを阻害し、全体のパフォーマンスの低下につながります。

■相談対応について

苦情・相談の流れ harassment201500

相談受付簿(例) 相談記入簿

 

 

■ 相談窓口

大島グル―プでは、一部の会社及びグループ本部に相談窓口を設置しています。

一人で抱え込まずに、相談してください。

相談者および行為者についてのプライバシーは守られます。
相談者および事実確認の協力者に対しても不利益な取り扱いは行いません。
・ハラスメント防止対策関連のDVD(貸し出し用)もあります。

■ ハラスメント防止対策研修 資料集

【2016年度】

役員・幹部社員研修(2016年10月)

役員研修20161011ハラスメント防止_参考資料

【2015年】

セクハラ動画(法務省)   https://youtu.be/Is7VDnv6gfo

パワハラ動画(法務省)  https://youtu.be/ZOXaFH806Sk

・・・新入社員研修で使用。

■社員研修用

ハラスメント防止対策・一般社員向けテキスト2015

・・・基礎から、ハラスメント度チェックまで。

■相談担当者マニュアル

■相談担当者研修(男女共同参画推進センター出前講座)(2015.10)

(内部向け資料は、「大島グループ」グループウエア リンク集から、

「ハラスメント防止対策」

・・・「ハラスメント防止坊時対策 研修 資料・動画」に掲載しております。

そちらをご覧ください。)

【2014年度】

■201406全社員ハラスメント防止研修・事例
■201410役員研修パワハラ①ケーススタディ用「パワハラ」
■201410役員研修「パワハラにならないコミュニケーションの在り方」
■201406全社員ハラスメント防止研修・事例
■201405ハラスメント防止・担当者

 

 

企業活力研究会 事務局)(株)ランドスタッフ 重嶋

電話025-526-8077
Eメール shigeshima@joetsu.ne.jp