りとるらいふ「ぱれっと」新築工事地鎮祭をおこないました



上越市石橋地区で障害福祉事業として4つ目の拠点の地鎮祭が8月21日に行われました。

当日は35度という猛暑の中、善行寺様の熱い祈祷での式となりました 。

熱い中ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

 

施設は3階建てで、1階「放課後等デイサービス」・2階「障害者グループホーム」・3階「サポートホーム」となります。

施設の目玉は3階のサポートホームで、見守りや相談を希望する方を対象としており、若竹寮の卒寮者やグループホーム入所前の親子らの入居を想定しています。制度の狭間にいる方を応援する共生施設となります。

地鎮祭当日、今まで仮称で呼んでいた施設ですが正式に名前が決定いたしました!!

  施設名 「ぱれっと」  

画材のパレットを想像して、色々な人(色)が集える施設にしたいとの思いです。

また、障害福祉事業部の前身の「りとるらいふ」が昭和町で事業をしていた事業所の名前でもあります

 サービス名  「グループホームふぁみりあ」  

        「放課後等デイサービスもーと」 

ふぁみりあは「りとるらいふ」が大貫で事業をしていた時の名前「ふぁみりあスペース」からきており、当時こうしたいなと思っていたことが一つの形になるということで名前を付けました。

ご住職から祈祷の際、施設の名前を読まれるたび身の引き締まる思いであり、この施設が地域の人に愛されるよう職員一同頑張っていきます。



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。