OSHIMAX!へのご要望・お問合せは
各社広報委員まで


研修におススメ!「ハラスメント対策シンポジウム」動画配信



厚労省で、12月のハラスメント撲滅月間(厚労省)に合わせ開催した

「ハラスメント対策シンポジウム」アーカイブ動画

の配信が始まりました。ハラスメント防止研修にお薦めです。

動画を見ない方にも知っておいていただきたい内容を、簡単にまとめましたので、最後までお読みください。

↓ ↓ ↓

基調講演 成蹊大学 教授 原昌登 氏
明るい/働きやすい職場を作るために

~ハラスメント対策のポイントと法改正の内容について~

======

アジェンダ

1基礎知識/2法制度/3パワハラ防止に向けて

4今後求められる職場の対策

特に、「4職場の対策」から~

◆ハラスメント防止の観点のキーワードは、「人格」

「自分もかつてそういうことを言われた」

「自分は言われても平気」は通用しない。

◆パワハラと指導の「線引き」について

100%完璧な線引きはありえない。線引きでは解決できない

「人格」を尊重しつつ「言うきことは言う」「指導」は、言われた側がパワハラだと主張しても、パワハラにはならない。

◆パワハラにならない指導の仕方を、社内で探求し、共有する。

「裁判になった場合の判断」の枠組みを、社内の調査や認定にも活かす

◆パワハラにならない指導の仕方のヒント

①指導のルール、マニュアルの策定 

②指導する側が、指導の記録を作成

◆パワハラを見逃がさない環境づくり

・パワハラの見聞きした場合の通報

相談窓口の周知、研修を繰り返す。

礼儀正しくある、ということは、職場の雰囲気を変える。

======

詳細は、動画をご覧ください。

(ハラスメント防止対策委員/ランドスタッフ 重嶋)

 

 

 



Comment

  1. 大島誠 より:

    情報有難うございます。

    年末年始の期間に 改めて勉強いたします。

    大島 誠

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。