OSHIMAX!へのご要望・お問合せは
各社広報委員まで

私たちの「見える化」共に感じ、共に迷い、共に築き、共に歩く

こんにちは!みんないきる「サンクスレルヒの森」です。

前月4月に念願の100床満床を達成をした現在、2ndステージ、一層のサービス

向上・組織体制の強化・運用ルール制定等々、を重点に日々活動しています。

そこで、今回ご紹介するのは活動にあたりとても大切なこと

「情報共有(共に)」こんなふうにやっていま~す。です。「見える化」です。5月12日から始めました。

■活動タイトル:

 「レルヒの森 運営上の課題・問題の見える化」

2016/ 5/30  8:50

<運用ルール>

①.付箋に課題・問題点を記入。併せて、日付・担当名も記入する。

②.付箋は緊急度合いにより色を変える

   付箋 ・・2.3日以内 付箋 ・・1週間以内 

   付箋 ・・1ヶ月以内 付箋 ・・認識をする

③.毎週木曜日9:30~ウィークリーミーティングを開催し

  課題・問題点の進捗状況を確認する。(付箋の位置=進捗)

④.新規の課題・問題点は都度付箋へ記入しておき、ウィークリーミーティング時に持ち寄る(効率的なミーティング)。ミーティング時に記入又は持ち寄った課題・問題点を修正する事も可とする。

⑤.完了までに至った付箋は「見える化」用紙から剥がし保管する

以上です。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。