OSHIMAX!へのご要望・お問合せは
各社広報委員まで

サンクス高田~たんぽぽ、体幹チューニング・ハラオシレッスン

サンクス高田さんでは、ディサービスやショートステイで
利用者様の体調改善に向けて、
元女子プロレスラー吉田万里子先生(心のデザイン研究所)の
「体幹チューニングハラオシ」を取り入れてくださっています。

吉田万里子先生プログラムのポインとは、
①ハラオシ
②骨盤と背骨を使って、体の可動域を広げる

というと難しそうですが、
「背骨」「骨盤」に注目して微妙な動きをするだけでも、
体の動かしやすさが違ってきます。

「意識すること」「イメージすること」で脳は影響を受けるんですね。

「レッスン①振り向き」

「何してんの?」と思うかもしれませんが、肩やひざの動きを意識した振り向きのレッスンです。
体ガチガチの固定された動きではなく、
可動域が広がると無理な動きがなくなり、けがの防止になります。
DSC00809

「レッスン②ハラオシ」

座って行う場合、息を吐いてお腹を押す時に背骨を丸めて骨盤を後ろに倒しま、おへそを見るように頭を下げます。息を吸うときは骨盤を立てて背骨を伸ばします。これで、背骨と骨盤を意識できます。

DSC00824

これだけでも、重心が下に下がり、体は安定したり、脱力できて、足運びに変化が出たりします。

「サンクスたんぽぽさんでの、万里子先生の出張指導」

写真 4

やる前とやったあとでは、立ち上がれる方が増えました。

写真 5

 

そして、

体が柔らかくなった。体がいつもより動く。体が軽くなった。
脚が温かくなって立ちやすくなった。毎日やりたい。時間が短かった。

など、嬉しい感想をいただきました。

無理な力を入れずに脱力できれば、
介護する方もされる方も、少しでも楽に体を使うことができるのでは、と思います。

 

次回7月、サンクスたんぽぽさんで、ケアマネさん視察の

吉田万里子出張レッスンを行う予定です。(

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。