OSHIMAX!へのご要望・お問合せは
各社広報委員まで


2020後期 自己啓発助成金 活動報告:ランドスタッフ 重嶋友子さん



ピクチャリング・オンライン・スタディコース 受講

(構造思考・創造思考に必須のピクチャリング技法を学ぶ)

【期間】

2020年 11月4日 ~2021年2月3日 の間、7回(各90分)

【活動報告】

▶ピクチャリングとは、相手の言葉、話を聞くときに、自分の中で一旦絵にしてから、相手に要約して返す技法。

コンサルティング、コーチング、1on1ミーティング、会議など、人の話を聞く際に有効。

▶ピクチャリングを経験して得た気づき

①人の話の聞き方:

 自分勝手なヒアリング、相手の話を勝手に連想したり、妄想したりしている。(NG)

 独りよがりの偏った聞き方、質問をしている。(NG)

 初めから結論ありきの聞き方をして、アドバイスしたがる。(NG)

 聴いているようで聴いていない。上の空(NG)

②話し方:余計な言葉が多い。自分でも何を言いたいのかわかっていない(NG)

③思い込みが現実や行動を狭める。

 →思い込みに気付けば行動が広がる。→しかし、自分で思い込みに気付くことは困難。

④・大事なことを何も言っていない会話や、価値の階層が定まっていないことが見える。

 ・絵にできないところは話している人もあいまい。

⑤本当に大事なことはなにか?が見える。大事なところをピックアップできる。

⑥集中しないと絵にできない。つまりは相手の話に集中できる。

 本当に聞くということができる。コミュニケーションのよりよい在り方。

⑦現実を見る。

 

【今後の取組みについて】

▶ZOOMによる自主稽古を行っている。

 本を読むとき、ドラマ等観るとき、朗読を聴く、など、様々な場面を使って練習を続ける。

▶会議、議事録作成、相談業務、等で活用している。

 →コーチング、1on1ミーティングにも使えるのではないかと思う。


ピクチャリングオンラインコースサイトhttps://kokucheese.com/event/index/603182/

(主催メタノイアリミテッド)



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。