2019後期 自己啓発助成金 活動報告:井手塾 伊達桂子さん

勝間塾(メールマガジン、コミュニティ参加)への入会

2019年10月30日~2020年3月31日

【活動報告】

・活動の順番としては、①毎日朝5時に送られてくるメールマガジンを読み、宿題を確認する、②宿題の回答をコミュニティ回覧板に書く、③コミュニティで議論を深める、④月例会に参加し(会場参加、ウェブでの視聴がある)意見を交換する、の順番である。

・良かった点は、朝一番にメールマガジンを読み、課題意識をもって一日を過ごす習慣ができたことである。例えば、「ロジカルクッキング」の週には、実際にホットクッカーを活用して時短料理を複数マスターすることに成功した。人が美味しいと感じる塩分量は決まっているそうで、計量スプーンを使い正確に料理を作るほうが目分量で味付けをするより早くて確実に美味しくなるということを確認できた。

【今後の取組みについて】

・今後の目標は、東京での月例会に参加することである。月例会では勝間塾長のセミナー、塾生同士の意見交換会、勝間塾長の手料理を味わう会が含まれるとのことなので、新型コロナが収束したらぜひ参加を希望している。

・最後に今回の研修の機会を与えてくださった大島代表と研修企画委員会の皆様に、深く感謝申し上げます。研修の目的であった「自身の思考と行動を変える」は、無事に達成できました。以後もグループ社員の皆様が、本活動を通じて活躍されることを願っております。

2019後期 自己啓発助成金 活動報告:大島ホケン 星野和也さん

メンタル心理カウンセラー資格取得

2019年9月29日~2019年11月8日

【活動報告】

心理学基礎概論、カウンセリング理論、カウンセリング実践技術についての知識、開業に関わる知識についてテキストで学び、その都度、テストを提出、合格ののち資格試験を受験し合格。

特に印象深かった事柄は、一方的にアドバイスをするのではなく、カウンセリングに来談した勇気を認め、共感的・受容的に相談者を受け入れるということです。その上で、カウンセラー側の個人的な見解を一時的に棚の上に置いて、相談者の話を聞き、カウンセラーと相談者の立場に立って、理解していくことが基礎となることです。

【今後の取組みについて】

今回学んだことは、人から相談にのる上で大いに役立つことばかりでした。相談を受けた際、私が一方的にアドバイスをするのではなく、協力してその悩みを問題解決していく関係性を意識しながら、少しでも相談者の悩みを和らげていけるように取り組んでいきます。